大腸がんは治療できる|あきらめないで積極的に治療しよう

各治療法の利点、問題点

治療の三大柱とは

相談

現在、がん治療の三大柱となっているのが、外科療法と薬物療法、そして放射線療法です。どの治療法も利点、問題点は違うので、患者さんを詳しく検査した結果を踏まえ、本人の意向も考慮しながら慎重にがん治療の方法を選択しなければいけません。手術を行う外科療法は、病巣を切除することが可能な状況なら、進行がんでも初期がんでも決行できます。身体にメスを入れるので臓器や機能が失われる恐れはありますが、がん細胞が巣食う患部を根こそぎ除去できるので完治も期待できます。薬物療法は注射や点滴、内服剤で抗がん剤を投与し、がん細胞の増殖を抑えたり死滅させる治療法です。吐き気などの副作用を伴いますが、全身に作用するためあちこちに細かいがんが散らばっているケースにも有効です。一方、放射線療法はがん細胞とその周辺に放射線を照射することで、がんを治す治療法です。薬物療法同様嘔吐感などの副作用が出ることがありますが、元の臓器をそのまま温存することができるがん治療方法です。

組み合わせ治療が有効

今までの医療現場では、高確率で外科療法が行われてきました。ただ、最近のドクターは組み合わせ治療を積極的に行い、必ずしも第一選択肢に外科療法が選ばれるとは限りません。患者さんの気持ちを考慮し、各治療法のメリット、デメリットを理解して貰った上で自ら治療法を選ぶケースも増えています。実際、治療法を組み合わせることで副作用を軽くしたり、臓器を温存することができます。免疫療法などの先進医療も含め、2種類以上のがん治療を組み合わせ、患者さんの苦痛をできるだけ取り除くなどの工夫も行われています。臓器を失っても完治を目指したいのか、転移の可能性が残っても臓器を残したいのか、患者さんに丁寧にヒアリングする必要があります。