大腸がんは治療できる|あきらめないで積極的に治療しよう

花粉症の治し方

医者

花粉症などのアレルギーに悩んでいる人たちが行っている治療法が舌下免疫療法です。杉の花粉のエキスを舌の下にたらすことで、手軽に治療が行えます。自宅で治療を行うことができますので、通院の日数が少なくて済みます。

日本人の罹りやすいがん

大腸がんを効果的に治療するなら、まず基礎知識を身に付けたほうがいいでしょう。こちらのサイトでは症状の特徴や効果的な治療法を紹介しています。

主治医との信頼関係が大切

お腹に手をあてる女性

がんは誰もが罹る可能性のある病気です。年代や性別などにより発症しやすいがんの種類は異なりますが、日本で男女共に罹患数が増加しているのが大腸がんです。大腸がんの代表的な症状として、血便がある、腹部にしこりを感じる、下痢や便秘などが起こりやすいなどがあります。しかし、早期の段階では自分ではっきりとした兆候を感じることが少ないため、もし気になることがあれば早めの受診をすることが大切です。検査の結果大腸がんだと診断されても、落ち着いて治療に専念することを考えましょう。現代の医療は日々進歩しており、新たな治療法もどんどん開発されていっています。不安や心配を抱えるのは当然ですが、主治医としっかり連携を組み信頼関係を結ぶことで、積極的に安心して治療を受けられるようになります。

受身ではなく積極的に

大腸がんだと言われたときには、自分自身でもこの病気に対する情報を収集することをおすすめします。たとえば、大腸がんの特徴、治療方法について、どんな先生がいてそこでどんな治療が行われているのかなどです。実際に罹患し治った方のブログなども貴重な情報源となり得るでしょう。もちろん主治医から一定の知識を得ることは可能です。しかし、より多くの事柄を知っていることで、決して受身ではない、積極的で納得のいく治療を受けられる可能性が高まるのです。より多くの知識を身に付けるためには、インターネットを活用するのが便利です。ネットを利用すれば自宅に居ながらさまざまな内容を検索できますので、体調が思わしくないときに無理に外出しなくて済みます。もし自分ではなかなかできない・・・という場合には、家族や近しい人にお願いすることもできます。

各治療法の利点、問題点

相談

現在のがん治療は外科療法、薬物療法、放射線療法の3種類が三大柱になっています。これまでは外科療法が大多数を占めましたが、今は患者さんの状態や意向によって2種類以上の治療法が組み合わされるケースが増えています。各治療法のメリット、デメリットを踏まえ、患者さんにとってより良い治療を目指しましょう。

名医の探し方

診察室

平野区に住んでいるなら、病院はその近辺で探しておく方が、何かあった時にすぐに相談できるので便利です。個人でやっているなら、診療科目が少ない方がスペシャリストがいる可能性が高いですし、紹介状を書いてくれるのも名医の条件です。